こども夢基金助成事業

子ども森林クラブ みんなで森を育てよう
     森の自然学校開校!!!
2003.7.31(木)−8.3(日)3泊4日
兵庫県美方郡美方町新屋 「青空の家」にて

7月31日(1日目) 青空の家に到着。はじまった。はじまった。待ちに待った「子ども森林クラブ」森の自然学校だ。

兵庫県内から集まった14人の仲間と
3泊4日の自然学校がはじまりました。

班分けと名札作りです

自然学校中に自分が使うハシを作りました。

材料は竹とヒノキです。
それぞれ納得のいくまで作っていました。
最初の食事はカレーライス。
みんなで一つのテーブルを囲んで
ワイワイガヤガヤ。

なんだか親戚の家に来た気分。

そう、そこが「青空の家」のいいところ。
食後に子ども森林クラブのオリジナル
Tシャツを作りました。

世界に一つしかないオリジナルです。

この夜はすごい霧が出ました。
みんなでスターウォーズのライトセーバーごっこ。

1日のふりかえりと寝る準備をして、1日が
あっというまに終わりました。

8月1日(第2日目) 森林整備隊として森に入ったよ。

青空の家では毎朝散歩します。

近くにある樹齢500年の「大とちの木」
のところにある湧き水で、歯磨きと洗顔。

冷たーい水で今日も元気!に始まり!!
森林整備隊結成!!

みんなで青空の家の所有する
杉林に入り、間伐作業に挑戦。

植林後20年ほどの杉を切り倒しました。

バリバリズドーンと大きな音がして
木が倒れていきます。


倒した杉は球切りにして運び出します。
この杉は炭焼きなど、森林クラブの
活動の元材料になります。

森からいろんな恵をもらっています。

間伐作業はとってもたいへん。
みんなでマキ割に挑戦!!

オノやナタを使って、自分達が切り倒した
杉の木を割っていきます。

割ったマキは広場にドラム缶で作って
ある炭焼き釜で炭を作ります。

うまく作れれば、バーベキューができるぞー。

青空の家では食事に使ったお皿は
庭の池で洗います。池にはイモリなどの
生き物がいっぱい住んでいます。
水を汚さないようにしながらお皿を洗うのは
とってのたいへん。でもとっても大切なこと。

夜は焚き火を囲んで「森のなりたち」のお話を聞きました。

8月2日(3日目)

朝は掃除をしました。
縁側が長いから雑巾がけは競争です。

今日も快晴。気持ちのいい朝です。
今日はお弁当を持ってハイキング。
お弁当も自分達で作りました。


尼崎市立美方高原自然の家の近く
の山まで生き物を見つけながら散策です。
青空の家の周囲には、今まで見たこともないような
昆虫がたくさんいます。

ネイチャーゲームの「宝さがし」をしても宝物ばっかり。



お昼のお弁当は最高の味でしたよ。

木の上に上がると、周囲の森を上から
眺めることができます。
午後は樹齢600年。幹周り8mもある
とちの木にツリークライミング。
一番下の枝をさわろうとするだけでも
10mぐらい上がらなければなりません。
でも、枝や葉っぱにさわれたときは感動。
木の肌はとっても柔らかく、いい匂いがしました。


おっ。この勇姿は「森さん」だー。
木登りは大人も子どももみんな楽しめる。

森林組合のみなさんが青空の家にすてきな
プレゼント。間伐材を使ってこんなに立派な
パーティー会場ができあがっていました。

自分達が切り倒し、巻き割し、そして焼いた炭。
バーベキューの但馬牛も格別の味です。

2日前にはじめて会った友達だけど、
もうみんな兄弟のよう。

食事の後はキャンプファイヤー
このマキも自分達で割りました。
歌って踊って、こころは一つ。

青空の家での最後の夜です。
森林作業したり遊びに入ったりした森。
森ってなんだろう。
一人一人のふりかえり。

8月3日(4日目)子ども森林クラブ最後の日です。

この日の朝は、みんなやさしい顔をして
いました。

朝の散歩もいつの間にか、みんな手を
つないで歩いていました。

お互いのことを気遣い、何も言わなくても
手をさしだして一緒に手伝いできる。
もうみんな「青空の家の兄弟」だね。

間伐した杉の皮で草木染をしました。

太陽の光を浴びて、杉皮色の旗がなびきます。

この色は、みんなへ森からの贈り物です。

青空の家恒例「そうめん流し」

うまいんだなーこれが。


片付けも荷物整理も、自分のことは
自分でできるようになる。
こんなちいさな目標も達成できたかな。

あっという間に3泊4日の子ども森林クラブ
森の自然学校も終わりです。

青空の家はみんなの心のふるさと。
いつでも、また遊びにおいで。
私たちはいつでも待ってるから。

青空の家のテーマソングができました。